MENU

研究の紹介

脳卒中

脳卒中の医療連携システム

 印旛脳卒中地域連携パス(InCliPS)のサイトをご覧ください。

 脳卒中地域連携パスについては、こちらのサイトを。

 

脳卒中のリスクファクター

 脳卒中の再発予防のためは、高血圧・糖尿病・脂質異常症・喫煙など脳卒中のリスクファクターの管理が重要です。日本医科大学千葉北総病院脳神経センターに入院した脳卒中患者は、血圧・血糖・脂質代謝異常・脳血管狭窄・不整脈・心臓弁膜症などのリスクファクターを検査しております。2009年より、脂肪酸分画の採血も開始しました。イコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid、EPA)は多価不飽和脂肪酸の1つであり、EPAが少ない状態も脳卒中のリスクファクターのひとつとして注目を集めています。

 

脊髄疾患

 脊髄部門のサイトをご覧ください。