MENU

臨床研修のご案内

専修医の方はこちらも、研修医の方はこちらもご参照ください。

round

脳神経外科専門医研修プログラム

定義

初期臨床研修終了後4 年間(専修医)の臨床研修プログラムを指す。大学院に進学するものについては別に定める(脳神経外科HP 参照)。

研修目標

  1. 脳神経外科の一般臨床を習得し、頻度の高い疾患や主な救急疾患については独立して診療できる能力を身に付ける。具体的には日本脳神経外科学会の専門医試験に合格し、同学会C 項認定施設の責任者となれる臨床能力を獲得する。
  2. (付加目標)臨床の実践の中から研究のモチーフを集約し、後半2 年では臨床の余暇に研究活動を開始することが望ましい。希望者は専門医資格取得後に1-2 年研究活動に従事する。

研修課程

卒後3・4年目:

卒後5・6 年目:

 

脳神経外科研修医 選択診療科プログラム

一般目標:

脳神経外科学に関連する分野の疾患に対して適切な診療を遂行できる。

行動目標:

  1. 病歴の聴取、神経学的検査を行え、診療録に記載できる。
  2. 各種検査(神経放射線、神経生理学、髄液・内分泌検査)の理解と診断できる。
  3. 周術期管理が実践出来、使用頻度の高い薬剤の使用方法が理解・実践できる

学習方法:

  1. 日本脳神経外科学会専門医と共にオーベン、ネーベン形式の指導を受け、主に入院患者の診療を担当する。
  2. 日本医科大学千葉北総病院脳神経外科主催の症例検討会、温度板カンファレンス、手術症例術前検討会、退院時検討会、ジャーナルクラブ(抄読会)等に参加する。
  3. 各種学会に参加し、脳神経外科分野の最新情報を得る。

具体的研修内容を下記に示す。
ⅰ)手技:中心静脈路確保、気管内挿管(経口、経鼻)、腰椎穿刺、脳血管撮影、スパイナルドレナージ、頭蓋内圧測定等を実施する。
ⅱ)手術:脳室ドレナージ、試験穿頭術、頭蓋形成術、慢性硬膜下血腫洗浄除去術、定位脳手術、脳室―腹腔シャント術、頭蓋陥没骨折整復術、急性硬膜外血腫除去術、急性硬膜下血腫除去術、全ての脳外科手術の開頭術及び閉頭術の術者あるいは助手を行う。

評価:

研修開始に当たり研修マニュアルを各研修医に配布し、これを記入させることにより、自己評価を行わせる。指導医は自己評価結果を随時点検し、研修医の到達目標を援助する。

カリキュラムの特徴:

Neuroscience としての脳神経外科学の神髄の一端に触れる事ができる。