主任教授挨拶

「全国有数のスタッフ―質と層の厚さ―」

日本医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 主任教授
弦間 昭彦

私どもは、呼吸器疾患と腫瘍内科の診療を中心に行っています。スタッフは、関連ページにお示し致しておりますが、スターと言って良い名のある専門医を層厚く配しており、診療内容は全国トップレベルとの評価を受けています。

対象となる疾患は、がん、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎・肺線維症、肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など多彩であります。
特に、がん(弦間昭彦教授、久保田馨教授)、COPD(木田厚瑞教授)、間質性肺炎・肺線維症(吾妻安良太教授)など難治の病気には、特別な体制をとっておりますので、是非ご紹介いただければ幸いです。

当教室の診療の特徴を挙げますと、がんについては、特に肺癌の領域で、遺伝子診断による効果、副作用の予測、医用工学の応用、新薬による治療など最先端の方法を取り入れながら、新しい治療法の開発に力を尽くしている事が挙げられます。また、総合病院であることから、合併症を有しているがん診療は、特に強い分野と考えています。COPD(慢性閉塞性肺疾患)、結核後遺症や、睡眠時無呼吸症候群の診療では、在宅での治療が中心となっています。私どもの教室では、市ヶ谷駅の近くに「日本医科大学呼吸ケアクリニック」(所長:木田厚瑞教授)(http://rcc.nms.ac.jp/)を開設し、専門外来を行っています。厚生省が難病に指定している肺線維症(特発性間質性肺炎)、サルコイドーシス、びまん性汎細気管支炎(DPB)などの診療については、私どもの教室は、長年、厚生労働省研究班の施設として、日本におけるこの領域の診療の進歩のために努力してきました。最近では、肺線維症の新薬開発で、世界有数の評価を受けています。通常の診療はもとより、難病の新しい治療法を見いだすため、全力を尽くしています。

毎日(月曜日から土曜日)午前・午後、5人以上の呼吸器専門医や腫瘍内科医が外来で拝見いたします。診断の難しい症例や重症例の場合でも、層の厚い医師集団が結束して診断および治療を進めます。

安心して、遠慮なくご紹介いただければ幸いです。

このページの先頭へ