主任教授挨拶

「全国有数のスタッフ―質と層の厚さ―」

日本医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 主任教授
弦間 昭彦

当教室は、社会的に重要度の高まっている呼吸器内科、腫瘍内科(あるいは、両方)の領域を専門とする優れた臨床医を育成することを目標にしています。この二つの領域の患者は増加の一途を辿り、内科の中でも、「メジャー中のメジャー」で有り続ける事が予想されている領域です。このような領域の「実力ある専門医」を育成するための当教室の戦略は明確であります。

  1. 認定医、専門医を取得(認定内科医、呼吸器専門医・指導医、総合内科専門医、呼吸器内視鏡専門医・指導医、がん治療認定医・教育医、臨床腫瘍学会薬物療法専門医など)
  2. 臨床医として優れた実力の養成
  3. 世界規模でスピードを上げて進んでいるゲノム時代の進歩を理解出来る素養の重視

1、2を同時に達成するため、関連派遣病院は各認定医専門医の認定病院である選りすぐりの病院(国立がんセンター、都立駒込病院、都立広尾病院、日赤医療センター、横浜労災病院など)関連病院一覧)です。このような関連施設を複数経験してもらう事で、「有名臨床研修病院の研修システムを、複数、体験出来る理想」を実現しています。また、学内の診療も高度に保つため、学外からの著名な指導者招聘を含めた体制整備を行ない、全国トップともいえる教授陣が形成されています[がん(弦間昭彦教授、久保田馨教授、宮敏路教授、勝俣範之教授)、COPD(木田厚瑞教授)、間質性肺炎・肺線維症(吾妻安良太教授)、一般呼吸器疾患(日野光紀教授)]

3の実現のため、研究体制を堅持し、臨床医としての研究機会を用意しています。大学教室内での研究を重視するとともに、国内外の有名研究施設(国立がん研究センター研究所、国立循環器研究センター研究所、アメリカ National Institutes of Health、ネブラスカ大学、UCSF など)への留学も積極的に勧めています。

これらの戦略は、最大公約数の目標に対して環境を整備しているものであり、個人の目標の多様性にも柔軟に対応しています。

このページの先頭へ