循環器内科について

沿革

明治9年(1876年)

長谷川泰により西洋医学による医師養成学校「済生学舎」開設

明治36年(1903年)

済生学舎廃校

明治37年(1904年)

私立日本医学校が設立

明治43年(1910年)

私立日本医学校付属駒込医院が開設

明治45年(1912年)

私立日本医学専門学校設立

大正3年(1914年)

文京区千駄木に付属医院が開設。

本学最初の内科学教授として額田豊先生が着任(内科学教室 初代教授)

昭和4年(1929年)

行徳健介先生が第3代主任教授として着任(1958年まで)。

行徳健介先生が医学部長に就任

昭和33年(1958年)

木村榮一先生が東北大学より第4代主任教授として着任(82年まで)

昭和35年(1960年)

木村内科を第一内科と名称変更

昭和54年(1979年)

木村榮一先生が第3代日本循環器学会理事長に就任(81年まで)

昭和55年(1980年)

木村栄一先生が日本医大学学長に選任(82年まで)

昭和51年(1976年)

木村榮一先生が第41回日本循環器学会学術集会を主催

昭和52年(1977年)

木村榮一先生が第74回日本内科学会講演会の会頭(現会長)として主催

昭和57年(1982年)

木村榮一先生が在職中にご逝去。

奥村英正先生(肝臓病学)は第5代主任教授に昇任(91年まで)

平成3年(1991年)

早川弘一先生が第6代主任教授に昇任(99年まで)

平成7年(1995年)

早川弘一先生が日本医科大学学長に選任。

第7回国際ホルター・ノンインベイシブ心電学会(ISHNE)を早川弘一先生が主催

平成11年(1999年)

高野照夫先生が第7代主任教授に昇任(05年まで)

平成19年(2007年)

水野杏一先生が第8代主任教授に昇任(13年まで)。

第一内科から内科学(循環器・肝臓・老年・総合病態部門)講座へ名称変更

2012年4月

講座制が廃止され、大学院大学制の導入と付属病院の診療科再編により内科学(循環器内科)として、また付属病院では循環器内科の診療を担当

2013年4月

清水 渉先生が国立循環器病研究センターより第9代主任教授として着任

2014年

教室開講100周年

第3代主任教授 行徳健介先生

第3代主任教授 行徳健介先生

第4代主任教授 木村栄一先生

第4代主任教授 木村栄一先生

第5代主任教授 奥村英正先生

第5代主任教授 奥村英正先生

第6代主任教授 早川弘一先生

第6代主任教授 早川弘一先生

第7代教授 高野照夫先生

第7代教授 高野照夫先生

第8代主任教授 水野杏一先生

第8代主任教授 水野杏一先生

▲ PAGE TOP