日本医大精神医学教室

  • 2012.03.31 ホームページをリニューアルしました。
  • 2012.08.15 本学情報誌「意気健康」創刊号に掲載された教室研究レポートをアップしました。LinkIcon分子イメージングの紹介
  • 2017.4.1 新しく3名の先生が入局されました。
  • 2017.7.3 7月勉強会 担当:増岡先生、テーマ:児童思春期精神医学
  • 2017.7.10 8月10日勉強会 担当:樫村先生、テーマ:心理療法全般についてです。
  • ・平成29年度精神神経科医局説明会のお知らせ
  • 第一回 6月26日(月) 17時~ご参加いただいた先生方ありがとうございました。
  • 第二回 7月31日(月) 17時~
  • 第三回 9月11日(月) 17時~
  • 会場:付属病院精神神経科医局
  • 精神医学に興味のある方、精神科領域の専門医取得をお考えの方のご応募をお待ちしています。
  • 上記日程以外でも、希望があれば随時開催致します。
  • 詳細ならびに日本医科大学 精神医学教室での研修をお考えの方は下記までお問い合わせ下さい。
  • E‐mail:psychiatry@nms.ac.jp 担当:舘野(医局長)
  • 当教室の精神医学専門研修プログラム2018年度版。教育研修のページからご覧下さい。LinkIcon
  • 大学院入学案内:
  • H30年度大学院募集案内.bmp平成30年度募集案内
  • 第一回試験日:平成29年9月4日(月)
  • 出願期間:平成29年7月7日(金)から7月21日(金)
  • 第二回試験日:平成30年1月26日(金)
  • 出願期間:平成29年12月8日(金)から12月22日(金)

診療

研究と教育

image3.jpg

研究について
精神疾患の病態を解明し,より科学的で適切な治療法を開発することを目的に,実際の診療場面で遭遇する症例を対象とする臨床研究を中心に研究を行っています。その際,標準化された精神科診断学,症状評価法とともに分子イメージングなど各種の画像解析法を駆使し,精神障害の症状や病態を可能な限り科学的に捉えることに心がけています。分子イメージングについては長年、独立行政法人放射線医学総合研究所分子イメージングセンターと共同研究を行っています。平成20年度、本学健診医療センターにおいてドーパミンD2受容体イメージングが可能になり臨床研究を開始しました。

研究テーマLinkIcon

GUM11_PH100991.jpg

教育と研修について
優れた精神科臨床医になるためには,研修開始1‐2年の研修内容が重要です。われわれの教室ではその期間を重視し,あえて幅広く精神医学を研修するようなプログラムを組んでいます。後期研修プログラムの最終目標は専門医の資格を取るだけではありません,将来どの分野に進んでも,高い見識を持つ臨床医として認められることが重要です。

教育と研修LinkIcon


2016年掲載論文一覧

  • Non-24-hour sleep-wake syndrome improved by low-dose valproic acid: a case report. Kurita M, Moriya T, Nishino S, Hirata E, Hirasawa N, Okubo Y, Sato T. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Dec 13;12:3199-3203. doi: 10.2147/NDT.S115648. eCollection 2016.
  • Association between frequency of fried food consumption and resilience to depression in Japanese company workers: a cross-sectional study. Yoshikawa E, Nishi D, Matsuoka YJ. Lipids Health Dis. 2016 Sep 15;15(1):156. doi: 10.1186/s12944-016-0331-3.
  • Association between regular physical exercise and depressive symptoms mediated through social support and resilience in Japanese company workers: a cross-sectional study. Yoshikawa E, Nishi D, Matsuoka YJ. BMC Public Health. 2016 Jul 12;16:553. doi: 10.1186/s12889-016-3251-2.
  • Expert opinions on the first-line pharmacological treatment for delirium in Japan: a conjoint analysis. Okumura Y, Hatta K, Wada K, Takeuchi T, Kishi Y; DELIRIA-J Group.. Int Psychogeriatr. 2016 Jun;28(6):1041-50. doi: 10.1017/S1041610215002446. Epub 2016 Jan 18.
  • Post-Traumatic Stress Symptoms and Burnout Among Medical Rescue Workers 4 Years After the Great East Japan Earthquake: A Longitudinal Study. Kawashima Y, Nishi D, Noguchi H, Usuki M, Yamashita A, Koido Y, Okubo Y, Matsuoka YJ. Disaster Med Public Health Prep. 2016 Dec;10(6):848-853. doi: 10.1017/dmp.2016.83. Epub 2016 May 18.
  • Time-course of serotonin transporter occupancy by single dose of three SSRIs in human brain: A positron emission tomography study with [(11)C]DASB. Arakawa R, Tateno A, Kim W, Sakayori T, Ogawa K, Okubo Y. Psychiatry Res. 2016 May 30;251:1-6. doi: 10.1016/j.pscychresns.2016.03.006. Epub 2016 Mar 28.
  • Yokukansan improves behavioral and psychological symptoms of dementia by suppressing dopaminergic function. Takeyoshi K, Kurita M, Nishino S, Teranishi M, Numata Y, Sato T, Okubo Y. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Mar 15;12:641-9. doi: 10.2147/NDT.S99032. eCollection 2016.
  • Neuroleptic-induced deficit syndrome in bipolar disorder with psychosis. Ueda S, Sakayori T, Omori A, Fukuta H, Kobayashi T, Ishizaka K, Saijo T, Okubo Y. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Feb 2;12:265-8. doi: 10.2147/NDT.S99577. eCollection 2016.
  • Antipsychotics can induce pre-shock in very elderly patients: a report of two cases. Ueda S, Omori A, Shioya T, Okubo Y. Psychogeriatrics. 2016 Jan;16(1):73-5. doi: 10.1111/psyg.12119. Epub 2015 Apr 27.