日本医大精神医学教室

  • 2012.03.31 ホームページをリニューアルしました。
  • 2012.08.15 本学情報誌「意気健康」創刊号に掲載された教室研究レポートをアップしました。LinkIcon分子イメージングの紹介
  • 2018.4.1 新しく2名の先生が入局されました。
  • 2018.10.17-18 肥田道彦 講師が副大会長を勤めたInternational Consortium on Hallucination Researchが京都で開催されました。
  • 2018.10.29 坂寄健 助教が第25回千駄木精神医学研究会で「[11C]-(+)-PHNOを用いたblonanserinによるドパミンD3受容体占有率の評価」を発表しました。
  • 10月の症例検討会日程(10月15日:自殺対策)
  • 平成31年度精神科専門研修プログラム応募開始
  • 平成31年度精神科専門研修プログラムへの応募が開始されました。
  • 当科のプログラムに興味のある方、都内での研修を検討されている方、を対象に随時プログラム説明会を開催しております。ご興味のある方は是非ご参加下さい。
  • 精神医学に興味のある方、専門医はまだ考えていないけれども精神医学を学びたいという方のご応募も併せて受け付けております。
  • ・詳細ならびに医局見学をお考えの方は下記までお問い合わせ下さい。

診療

研究と教育

image3.jpg

研究について
精神疾患の病態を解明し,より科学的で適切な治療法を開発することを目的に,実際の診療場面で遭遇する症例を対象とする臨床研究を中心に研究を行っています。その際,標準化された精神科診断学,症状評価法とともに分子イメージングなど各種の画像解析法を駆使し,精神障害の症状や病態を可能な限り科学的に捉えることに心がけています。分子イメージングについては長年、独立行政法人放射線医学総合研究所分子イメージングセンターと共同研究を行っています。平成20年度、本学健診医療センターにおいてドーパミンD2受容体イメージングが可能になり臨床研究を開始しました。

研究テーマLinkIcon

GUM11_PH100991.jpg

教育と研修について
優れた精神科臨床医になるためには,研修開始1‐2年の研修内容が重要です。われわれの教室ではその期間を重視し,あえて幅広く精神医学を研修するようなプログラムを組んでいます。後期研修プログラムの最終目標は専門医の資格を取るだけではありません,将来どの分野に進んでも,高い見識を持つ臨床医として認められることが重要です。

教育と研修LinkIcon


2018年掲載論文一覧

  • カタトニアに対するベンゾジアゼピン治療と電気けいれん療法 坂寄健 精神科治療学 2018; 33(6)
  • 脳卒中領域との協働 下田健吾、他 精神医学 2018; 60(6): 619-628
  • 諸外国の身体合併症事情 岸泰宏 精神医学 2018; 60(6): 647-652
  • Acute tramadol enhances brain activity associated with reward anticipation in the nucleus accumbens. Asari Y, Ikeda Y, Tateno A, Okubo Y, Iijima T, Suzuki H. Psychopharmacology (Berl). 2018 Jun 27. doi: 10.1007/s00213-018-4955-z.
  • The 5-HT1B receptor - a potential target for antidepressant treatment.Tiger M, Varnäs K, Okubo Y, Lundberg J. Psychopharmacology (Berl). 2018 Mar 15. doi: 10.1007/s00213-018-4872-1.
  • Hypofunction of left dorsolateral prefrontal cortex in depression during verbal fluency task: A multi-channel near-infrared spectroscopy study. Akiyama T, Koeda M, Okubo Y, Kimura M. J Affect Disord. 2018 Apr 15;231:83-90. doi: 10.1016/j.jad.2018.01.010.
  • Japanese multicenter database of healthy controls for [123I]FP-CIT SPECT.Matsuda H, Murata M, Mukai Y, Sako K, Ono H, Toyama H, Inui Y, Taki Y, Shimomura H, Nagayama H, Tateno A, Ono K, Murakami H, Kono A, Hirano S, Kuwabara S, Maikusa N, Ogawa M, Imabayashi E, Sato N, Takano H, Hatazawa J, Takahashi R. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2018 Feb 24. doi: 10.1007/s00259-018-3976-5.
  • Relationship of area of soft drusen in retina with cereberal amyloid-beta accumulation and blood amyloid-beta level in the elderly.Shoda C, Kitagawa Y, Shimada H, Yuzawa M, Tateno A, Okubo Y. J Alzheimers Dis 2018; 62(1): 239-245
  • Comparison of dopamine D3 and D2 receptor occupancies by a single dose of blonanserin in healthy subjects: A positron emission tomography study with [11C]-(+)-PHNO. Tateno A, Sakayori T, Kim WC, Honjo K, Nakayama H, Arakawa R, Okubo Y. Int J Neuropsychopharmacol. 2018 Jan 13. doi: 10.1093/ijnp/pyy004

2017年掲載論文一覧

  • Factors associated with unwillingness to seek professional help for depression: A web-based survey.Yoshikawa E, Taniguchi T, Nakamura-Taira N, Ishiguro S, Matsumura H. BMC Res Notes. 2017 Dec 4; 10 (1): 673. doi: 10.1186/s13104-017-3010-1.
  • Need for medication to complement catecholamines in smoking cessation of hardcore smokers.Kawai A, Kurita M, Nishino S, Hirata E, Sato T, Okubo Y. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017 Sep 18;13:2419-2424. doi: 10.2147/NDT.S144181
  • Affinity States of Striatal Dopamine D2 Receptors in Antipsychotic-Free Patients with Schizophrenia. Kubota M, Nagashima T, Takano H, Kodaka F, Fujiwara H, Takahata K, Moriguchi S, Kimura Y, Higuchi M, Okubo Y, Takahashi H, Ito H, Suhara T.Int J Neuropsychopharmacol. 2017 Nov 1;20(11):928-935. doi: 10.1093/ijnp/pyx063.
  • Effect of apolipoprotein E phenotype on the association of plasma amyloid β and amyloid positron emission tomography imaging in Japan.Tateno A, Sakayori T, Kim WC, Koeda M, Kumita S, Suzuki H, Okubo Y. Alzheimers Dement (Amst). 2017 Sep 5;9:51-56. doi: 10.1016/j.dadm.2017.08.002. eCollection 2017.
  • 精神科で遭遇する高齢者のてんかん 朝山健太郎、大久保善朗 臨床精神医学 2017; 46(7): 911-918
  • 老年期うつ病におけるアミロイドイメージングの意義舘野周、大久保善朗 臨床精神医学 2017; 46(11): 1395-1401