病院イメージ


研究内容

主な研究テーマ

内分泌外科の診療対象は、内分泌腺(甲状腺、副甲状腺、副腎)の腫瘍性および機能性疾患で、その外科的・内科的治療を専門にしています。

甲状腺癌についての臨床および基礎研究

個々の患者さんのリスク(癌死、再発、QOL)に応じた診療方針確立のためのエビデンス形成が 主なテーマで、以下のような研究を行っています。

  • 微小乳頭癌の非手術経過観察
  • 乳頭癌のリスク分類とそれに基づく診療方針の前向き検討
  • 濾胞性腫瘍の術前リスク診断(microRNAの発現解析など分子診断を含む)
  • 未分化癌の多施設共同研究(甲状腺未分化癌研究コンソーシアム)
  • 甲状腺癌の分子標的薬治療(数々の治験、臨床試験に参加)
  • 甲状腺腫瘍における境界病変について
  • 甲状腺癌のリスクファクター(肥満、甲状腺刺激ホルモンと発癌、癌進行との関連)についての検討

など

頸部内視鏡手術の術式改善、適応拡大とデバイス開発
副甲状腺の手術中における新たな同定法の開発
(5-aminolevulinic acidによる)
副腎内視鏡手術の新たな術式開発

対応が可能な産学交流

  • 甲状腺手術エネルギー・デバイスの開発
  • 反回・迷走神経モニタリング装置の開発
  • 頸部内視鏡手術機器の開発
  • 甲状腺腫瘍の分子診断キットの開発
  • 甲状腺癌に対する分子標的薬の開発

研究費獲得状況

研究費獲得状況 研究費獲得状況(杉谷 巌|五十嵐 健人|清水 一雄|軸薗 智雄)

研究の実績と今後の目標

研究の実績と今後の目標 研究の実績と今後の目標