CT・MRI

CT

6台の診断用CT装置(最先端の機器である国内1号機のGE社製 256列 Revolusion CTおよび東芝社製 320列 Aquilion ONE、のほか、4台の64列CT)を稼働させています。
CT検査件数は年間40,000件を越え国内有数の実績を維持しているだけでなく、高度救命救急センターや集中治療室に搬送されるあらゆる病態の患者様に対応すべく365日24時間の緊急対応を行っています。
また、全てのCT検査に対して放射線診断専門医による読影報告書を即時発行し、診断から治療に至る最良な医療の提供に加え、必要に応じ3次元CT画像やCT perfusionなどの画像解析として提供し、治療効果判定やインフォームドコンセントに活用しています。
研究として、最先端のCT機器を用いた、冠動脈CT、脳Perfusion CT、Dual Energy解析、低被ばく撮影におけるCT画質評価、などが行われています。

CT

CT (GE Revolution)

MRI

5台のMRI装置(3.0テスラ1台、1.5テスラ4台)を稼働させています。MRI検査件数は年間12,000件を越え、急性期脳卒中など、急性期疾患の早期発見のための緊急撮影にも365日24時間対応しています。

放射線診断専門医がCTと同様にMRIの基礎や利点などを考慮してMRI画像を読影し報告書を即時発行しています。

研究面では,MRIを用いた脳血流の動態解析に関する海外連携機関との共同開発、心筋症を中心とした心臓MRI,肝特異性造影剤を用いた血管内治療前後の肝機能評価法の開発、海外及び国内連携機関とのPET/MR共同研究、胸・腹部MRA(MR血管撮影)の新技法の開発,および造影剤を用いた MRIによる腹部腫瘍の治療効果判定がさかんに行われています。また,脳腫瘍の各種治験,軟部腫瘍の手術適応,関連企業の研究業務などを支えています。

MRI

MRI (Philips Achieva 3.0T)

教育について

当科では、他診療科や他施設とのカンファレンスを通じて、専門医取得前の医師に検査の原理や進め方、読影法を教育しており、加えて教育的な症例を復習しています。また、研究の成果は最近5年間に限っても国際学会発表約20演題、国際的雑誌での掲載論文数約20編を数え、内外で高い評価を得ています。

train