IVR

IVR部門の紹介

IVR(Interventional Radiology)とは、X線透視やCTなどの画像支援下でカテーテルや特殊な針を用いて治療を行う画期的な治療法です。その多くは局所麻酔下で行われるため侵襲が非常に低く、疾患によっては手術と同等かそれ以上の治療成績が得られることから、近年急速に普及している最先端の治療法です。当院は、IVR専門医修練施設に認定されており、IVR専門医4名の指導の下「IVRセンター」において年間約1000件におよぶ高度のIVR診療が行われています。
当院の特徴として、高度救命救急センターを併設していることから救急IVRが多いことが挙げられます。特に、外傷や消化管出血に対する超選択的血管塞栓術や動静脈血栓塞栓症に対するIVR治療は、その高度な技術と良好な成績が相俟って臨床各科からも高く評価されています。今後更なる発展が期待される大動脈ステントグラフトや頸動脈ステントについても多くの治療実績があります。
当施設は、ハイテクリサ-チセンターに選定されるなど、研究体制も充実しています。広範な領域に関する臨床研究の他、文科省科学研究費や厚労省班研究費などによる中小動物を用いた基礎研究も日常的に行われています。海外留学は必須としており、海外からの留学生も広く受け入れています。教育体制も整備されており、日常診療を行うのみで格別の準備なしにIVR専門医が取得できる体制を構築しています。

ivr

血管系IVR

血管系IVRとしては、肝癌などの悪性腫瘍に対する動脈化学塞栓術や動注療法、骨盤内悪性腫瘍に対するNIPP治療など、悪性腫瘍に対するIVR治療を数多く行っています。また、緊急IVR症例には24時間365日オンコール体制で対応しており、消化管出血・外傷性出血・産後出血・喀血・術後出血などの出血性疾患に対する緊急血管塞栓術や、急性四肢動脈閉塞症・急性上腸間膜動脈症・静脈血栓塞栓症などの急性血栓閉塞性疾患に対する緊急血栓除去術などの治療実績も数多くあります。さらに、血管疾患に対するIVR治療として、閉塞性動脈硬化症・透析シャント不全・頸動脈狭窄症などの血管狭窄・閉塞性疾患に対するバルーンやステントを用いた血管形成術、大動脈瘤に対するステントグラフト留置術、内臓動脈瘤や血管奇形に対する血管塞栓術などを行っています。その他にも門脈系IVRとして、胃静脈瘤に対するB-RTOおよびPTO、部分的脾動脈塞栓術、肝内門脈枝塞栓術、Budd-Chiari症候群に対する血管形成術、門脈血栓症に対する血栓除去術なども行っています。このように、当院では非常に幅広い領域に関する血管系IVR治療を数多く行っています。

非血管系IVR

当院のIVRセンターには、X線透視装置にCTを併設したIVR-CT装置を設置しており、CT透視を用いたCTガイド下穿刺手技を数多く行っています。具体的には、肺腫瘍、骨腫瘍、腎腫瘍などの腫瘍性病変に対するCTガイド下生検、膿瘍性病変に対するCTガイド下ドレナージ術、CTガイド下神経ブロック術などです。また、気管(支)狭窄・閉塞に対する気管(支)ステント留置術や悪性腫瘍に対するラジオ波凝固療法、動静脈奇形に対する硬化療法などの手技も行っています。

診療実績

放射線科施行のIVR症例件数
2015年:1030件(内、緊急IVR件数 297件)
2014年:1154件(内、緊急IVR件数 329件)
2013年:1138件(内、緊急IVR件数 278件)

result_graph