日本医科大学女性医師・研究者支援室

  1. ホーム
  2. 女性医師・研究者支援室について
  3. 授乳・搾乳室

授乳・搾乳室

授乳・搾乳室のご案内

申請用紙のダウンロードはこちら

授乳・搾乳室 利用案内

日本医科大学女性医師・研究者支援室では、乳児を持つ女性医師・研究者の便宜を図るために授乳・搾乳室を開設します。

  1. 利用対象者
    • 原則として日本医科大学の女性医師・研究者(大学院生含む)とします、それ以外の方は個別にご相談ください。
  2. 利用の条件
    • 利用は登録制のため、利用希望者はあらかじめ女性医師・研究者支援室で利用登録申請を行ってください。
    • 利用時間は、原則として平日午前10時から午後5時までとします、それ以外を希望される場合は個別にご相談ください。
    • 勤務時間中(特定の休憩時間を除く)に利用する場合、あらかじめ上長にお申し出ください。
    • 利用の際には、留守の場合もありますのでお電話またはメールで空き状況をご確認ください。
  3. 授乳・搾乳室の利用
    • 利用の都度、『授乳・搾乳室利用者記録』への記入をお願いします。
    • 利用中は、必ず『使用中』の札を掛け施錠をしてください。
    • 衛生管理の都合上、搾乳器・母乳パック・ガーゼ、洗剤、布巾などは、ご自身でご準備ください。
    • 搾乳器の滅菌のために電子レンジが使用できます。
    • 母乳パックは冷凍庫で保存することができます、保存したいものに名前・日付・時間を明記してください。当日午後5時までにご自身で取りにいらしてください。(翌日以降に冷凍庫内に残した物、持ち主不明の物は、処分する場合があります)
    • 次に利用される方のために退出時には、清掃を心掛けきれいにお使いください。

[ お問い合わせ ]
女性医師・研究者支援室 東亜弥生マンション 201 号室
TEL:03-3822-2131(内線:25474) / FAX:03-5844-6839
E-mail:nms-shien@nms.ac.jp

申請用紙のダウンロードはこちら

ページトップへ戻る